稀風社ブログ

稀風社ブログ

稀風社は鈴木ちはね(id:suzuchiu)と三上春海(id:kamiharu)の同人誌発行所です。

よい島・一首評01

 東京文フリ24新刊「よい島」より、小田島了「春の形骸」の一首に対する鈴木ちはねの評です。

続きを読む

よい島(第24回東京文学フリマ新刊)

猫をはさんで川の字になるそのあとで貝の字になり鳥の字になる
 小田島了「春の形骸」

みずうみにぼくが沈めばぼくの分水かさの増す世界だろうか
 三上春海「犬の国」

核ミサイルが東京に落ちてくるとして理由はたぶんどうでもいいから
 鈴木ちはね「感情のために」

続きを読む

墓には言葉はなにひとつ刻まれていなかった(東京文フリ23新刊)

無限の沈黙である私は
お前に言葉を與へてやろう

 「神が人間を考へる」ジュール・シュペルヴィエル中村真一郎訳)

続きを読む

第23回東京文学フリマへの委託+新刊の書店委託状況

 こんにちは。来たる2016年11月23日に第23回文学フリマが開催されます。


 場所は東京流通センターです。


 稀風社は今回は痛恨の入金ミスがため不参加なのですが、新刊は出ます。


 新刊は短歌連作散文の本で、散文のほうでは「歌とテクストの相克」という論文を題材に、さまざまな文章が掲載される予定です。
 短歌はほしみゆえさんの新作などが掲載の予定です。
 詳細はおって当ブログで告知いたします。


 第23回文学フリマでは新刊のほか、既刊「稀風社の貢献」「誰にもわからない短歌入門」のみっつを、「羽根と根」さんのブースに委託させていただくことになりました。ブース番号はエ03です。
 羽根と根さんありがとう~!


 羽根と根さんは短歌の同人誌を出している同人で、短歌がおもしろいのですごいです。今回は新刊の第5号がでるらしいです。
 この機会にぜひ、羽根と根さんの本とあわせて、稀風社の新刊既刊もお求めいただければうれしいです。

【書店委託販売状況】(2016/12/1 追記)

 東京ではタコシェさま,大坂では葉ね文庫さまに新刊の委託が決まりました。


タコシェ(東京・中野)
 タコシェについて | Welcome to TACO ché - ようこそタコシェへ -


葉ね文庫(大阪・中崎町
 葉ね文庫 | 大阪の古本屋(歌集・サブカル・小説) 


 12/1納品予定です。週明けには店頭に並ぶものとおもわれます。頒価は500円を予定しています。
 タコシェさま,葉ね文庫さまには既刊も置いてありますので,新刊ともども,どうぞよろしくお願いします。
(三上)