読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稀風社ブログ

稀風社は鈴木ちはね(id:suzuchiu)と三上春海(id:kamiharu)の同人誌発行所です。

稀風社配信第17回予告 題「野球」

 2/8(日)の夜21時より、第17回の稀風社配信を行います。

テーマ詠「野球」

 今回の配信も題詠歌会のユーストリーム配信を行います(配信urlは追ってTwitter上にて告知します)。題は「野球」、テーマ詠になります。古くは正岡子規のベースボールの歌から、さいきんは斉藤斎藤さんの有名な歌まで、実は野球は短歌では長く長く詠みつがれてきたテーマです。さまざまな角度から野球について詠んだ歌がでてくるのではないでしょうか。どうぞご期待ください。

●久方のアメリカ人のはじめにしベースボールは見れど飽かぬも
  /正岡子規

●ボケ岡と呼ばるる少年壁に向きボール投げをりほとんど捕れず
  /島田修三『晴朗悲歌集』

●うれしいときなぜ手を叩く祈るときなぜ手を合わす内野席にて
  /大滝和子『銀河を産んだように』

●優等生と呼ばれて長き年月をかっとばしたき一球がくる
  /俵万智『チョコレート革命』

●死因の一位が老衰になる夕暮れにイチローが打つきれいな当たり
  /斉藤斎藤人体の不思議展(Ver.4.1)」

配信参加者

 そして今回はゲストに、東北大学短歌会にも参加されている、山本まともさん(@amazo3)をお呼びします。


 wikipedia<死球>の項に載せられた「死球を受ける打者」のその時
   山本まとも(インドア(連作30首) - amazo3の日記


 突っ張り棒が突然落ちる 壁紙のくぼみに先を再びあてる
   山本まとも「デジャ毛」『短歌研究 2014年9月号』


 昨年の短歌研究新人賞の候補作「デジャ毛」は日常のさまざまな「瞬間」と「気づき」をとらえることに優れたとてもおもしろい作品でしたが、上掲の山本さんのブログには自選短歌なども掲載されています。必見です。
 その他の配信参加者は、鈴木ちはね(@suzuchiu)、情田熱彦(@johnetsu)、木屋瀬はしご(@haxigo)、三上春海(@kmhr_t)を予定しています。はしごさん連絡くれー。

短歌を募集します

 今回の配信でも前回にひきつづき、視聴者のみなさんから短歌を募集します。集まった短歌の中から事前選考により選ばれた一首は、歌会の詠草一覧に加えられ、無記名の一首として、参加者の歌と同様に配信時にあつかわれます。またそのほかの短歌についても当ブログに掲載する予定です(詳しくは前回の配信のまとめ(稀風社配信第16回詠草一覧+視聴者投稿短歌 - 稀風社ブログ)をご覧ください)。前回は7人の方から投稿がありました。
 特に景品はありませんが、自分の歌を山本まともさんや稀風社のめんめんに読んでもらいたいという方は、ぜひ投稿をしてみてはいかがでしょうか。お待ちしています。
 詠草はテーマ詠「野球」で、ひとり一首まで、三上春海(@kmhr_t)か鈴木ちはね(@suzuchiu)のTwitterアカウントまでDMにより以下の3点を明記した上でお送りください。(相互フォローにないかたは「フォローしてください」などと三上までリプライをくださればすぐにフォローいたします。)
●「第17回稀風社配信用」の旨
●詠草
●ハンドルネーム(ブログなどに掲載するときに使います)
 投稿の締め切りは2月7日(土)の23時59分です。
 お送りいただいた短歌は、稀風社ブログの記事の中や、あるいは今後発行される稀風社の同人誌等に掲載する可能性があります。未発表として控えておきたい歌は投稿しないようご注意ください。


 配信url、配信開始時間等は追ってTwitter(@suzuchiu,@kmhr_t)にて告知します。また配信の録画も配信終了後30日間公開いたします。
 それではどうぞよろしくお願いします。
 id:kamiharu