読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稀風社ブログ

稀風社は鈴木ちはね(id:suzuchiu)と三上春海(id:kamiharu)の同人誌発行所です。

墓には言葉はなにひとつ刻まれていなかった(東京文フリ23新刊)

告知

無限の沈黙である私は
お前に言葉を與へてやろう

 「神が人間を考へる」ジュール・シュペルヴィエル中村真一郎訳)

続きを読む

第23回東京文学フリマへの委託+新刊の書店委託状況

告知

 こんにちは。来たる2016年11月23日に第23回文学フリマが開催されます。


 場所は東京流通センターです。


 稀風社は今回は痛恨の入金ミスがため不参加なのですが、新刊は出ます。


 新刊は短歌連作散文の本で、散文のほうでは「歌とテクストの相克」という論文を題材に、さまざまな文章が掲載される予定です。
 短歌はほしみゆえさんの新作などが掲載の予定です。
 詳細はおって当ブログで告知いたします。


 第23回文学フリマでは新刊のほか、既刊「稀風社の貢献」「誰にもわからない短歌入門」のみっつを、「羽根と根」さんのブースに委託させていただくことになりました。ブース番号はエ03です。
 羽根と根さんありがとう~!


 羽根と根さんは短歌の同人誌を出している同人で、短歌がおもしろいのですごいです。今回は新刊の第5号がでるらしいです。
 この機会にぜひ、羽根と根さんの本とあわせて、稀風社の新刊既刊もお求めいただければうれしいです。

【書店委託販売状況】(2016/12/1 追記)

 東京ではタコシェさま,大坂では葉ね文庫さまに新刊の委託が決まりました。


タコシェ(東京・中野)
 タコシェについて | Welcome to TACO ché - ようこそタコシェへ -


葉ね文庫(大阪・中崎町
 葉ね文庫 | 大阪の古本屋(歌集・サブカル・小説) 


 12/1納品予定です。週明けには店頭に並ぶものとおもわれます。頒価は500円を予定しています。
 タコシェさま,葉ね文庫さまには既刊も置いてありますので,新刊ともども,どうぞよろしくお願いします。
(三上)

第一回札幌文フリへの委託のお知らせ

告知

 明日7/23(土)11:00-16:00のあいだに第一回札幌文学フリマが開催されます。
 文学フリマ - 第一回文学フリマ札幌 開催情報
 稀風社は『誰にもわからない短歌入門』『稀風社の貢献』ほか既刊を北海道大学短歌会のブースに委託していただく予定です。
 北海道大学短歌会のブースは「う-11」です。
 ご来場お待ちしております。

第一回石井僚一短歌賞受賞式および受賞記念歌会挙行のお知らせ

告知 石井僚一短歌賞

 以下のように第一回石井僚一短歌賞授賞式および受賞記念歌会を挙行いたします。


日時:2016年6月12日(日) 17:30より
会場:貸会議室マイスペース 新宿3丁目ビッグスビル店


 授賞式後にはそのまま受賞記念歌会を開催いたします。詳細はリンク先をご確認ください。
第一回 石井僚一短歌賞 授賞式&受賞記念歌会 - TwiPla
 授賞式および受賞記念歌会へ参加を希望されるかたは上記のURLよりお申し込みください。ただし今回の募集については第一回石井僚一短歌賞の応募者の方に限らせていただいております。また2016/6/3現時点で残席はのこりお二人となっております。定員に達し次第募集は締め切らせていただきます。悪しからずご了承ください。

『稀風社の貢献』委託情報(2016年6月8日更新)

告知 石井僚一短歌賞

 稀風社の東京文フリ22新刊『稀風社の貢献』は次の書店に委託しています。
 (品切れの際にはご容赦ください)


タコシェ(東京・中野)
 タコシェについて | Welcome to TACO ché - ようこそタコシェへ -
葉ね文庫(大阪・中崎町
 葉ね文庫 | 大阪の古本屋(歌集・サブカル・小説)
水中書店(東京・三鷹
 水中書店
 (※水中書店様へは極少部数の委託となります)
紀伊國屋書店新宿本店(東京・新宿)(2016/6/8追記)


 お店の営業日や所在地などはそれぞれホームページでご確認ください。
 タコシェ様,葉ね文庫様には『誰にもわからない短歌入門』をはじめ稀風社既刊もいくつか委託させていただいております。また『誰にもわからない短歌入門』は水中書店様でも取り扱いいただいております。


『稀風社の貢献』については以下をご確認ください。
【告知】稀風社 東京文フリ22新刊「稀風社の貢献」紹介 - 稀風社ブログ
 また第一回石井僚一短歌賞の受賞作・候補作,『稀風社の貢献』の掲載作品の一覧は以下でご確認いただけます。
第一回石井僚一短歌賞決定 - 稀風社ブログ
第一回石井僚一短歌賞候補作品一覧(および「稀風社の貢献」掲載作品) - 稀風社ブログ


【2016/5/21追記】
 タコシェオンラインショップにて『稀風社の貢献』の取扱いがはじまりました。
「稀風社の貢献 第一回石井僚一短歌賞」 - タコシェオンラインショップ

第一回石井僚一短歌賞候補作品一覧(および「稀風社の貢献」掲載作品)

石井僚一短歌賞

 第22回東京文学フリマにて稀風社の新刊・既刊を手に取ってくださった多くのかたがたに改めて御礼申し上げます。
 現在、新刊『稀風社の貢献』の委託準備を大至急進めております。委託開始までいましばらくお待ちください。*1


『稀風社の貢献』には第一回石井僚一短歌賞に応募いただいた118の作品のうち、候補作品を全作掲載、また選考委員の選評内に一部作品を引用しております。
 掲載作品一覧を以下に掲示いたします。


【候補作品】
 田村穂隆「君が知らない星」
 やまだわるいこ「21歳」
 竹中優子「右に曲がって」
 井上閏日「受賞作」
 安野文麿「異人の祈り」
 迂回「気配にじぶん」
 直泰「伊佐坂先生でもあるまいに」
 葛生東「鳴りやまねえ」
 広瀬ボルオ「(春)と幾何」
 ほしみゆえ「ひかりさす」
 久哲「森のクボさん」
 杉本なお「これからはひとりで」
 北虎叡人「しずかな沼」


【その他引用作品】
 作品名「アーバンレジェンド404」より四首
  「ぬばたまの」「クオリティ」「AVの」「犯罪の」
 作品名「遠い問題」より五首
  「私しか」「君の眼は」「稽古場が」「細い首」「帰り際」
 作品名「睡魔のしっぽ」より六首
  「電球の」「失った」「知っている」「寝たままで」「灯台の」「いつもいつも」
 (以上、寺井龍哉選後評に引用)


 これらの作品は今後各種新人賞などでは「既発表作品」として(賞の規定によりますが基本的には)取り扱われます。作者のかたにつきましてはご注意くださいますようよろしくお願いいたします。
 また歌の直接の引用はありませんが、情田熱彦選後評にて作品名「千年後のドンキホーテ」に言及がありますので合わせてお知らせしておきます。


 稀風社(第一回石井僚一短歌賞事務局)

*1:本日、中野ブロードウェイ内の「タコシェ」さまに『稀風社の貢献』を納品いたしました。近日中に頒布が開始されるものとおもいます。またその他の書店にも随時委託をお願いしてゆく予定です。委託情報がまとまり次第当ブログにて追って告知していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

第一回石井僚一短歌賞決定

石井僚一短歌賞 告知

 第一回石井僚一短歌賞には118編の応募がありました。石井僚一,寺井龍哉,情田熱彦の3氏がすべての応募作に目を通し選出した13編の候補作の中から,受賞作および次席は以下のように決まりました。


受賞
 ほしみゆえ「ひかりさす」


次席
 杉本なお「これからはひとりで」
 やまだわるいこ「21歳」


 受賞者による受賞の言葉,選考会録,選考委員各氏による選評,また候補作含む全作品が掲載となる『稀風社の貢献』は明日5/1(日)の第22回東京文学フリマより頒布開始となります。文学フリマ後の入手方法については当ブログで追って告知いたします。
 第一回石井僚一短歌賞に多数のご応募をありがとうございました。ご応募いただいたみなさま,また応援をしていただいたみなさまに心より御礼申し上げます。


 時期や方法は未定なものの,第二回石井僚一短歌賞もいつか行いたいと,主催の石井僚一氏から伺っております。
 何年先になるかはわかりませんが,みなさまのご応募をまた,心よりお待ちしております。


   稀風社・第一回石井僚一短歌賞事務局