稀風社ブログ

稀風社ブログ

稀風社は鈴木ちはね(id:suzuchiu)と三上春海(id:kamiharu)の同人誌発行所です。

稀風社の本をお求めかたへ

稀風社の本の取り扱い情報です。 (2017年5月更新)

正誤表まとめ

稀風社の本の正誤表記事へのリンクをまとめました。

第25回東京文学フリマ出展情報

下記のように第25回東京文学フリマに出展いたします。

「よい島」「墓には言葉はなにひとつ刻まれていなかった」正誤表

2017年5月および2016年11月の文学フリマで頒布した「よい島」「墓には言葉はなにひとつ刻まれていなかった」に誤りがありました。 以下のように訂正いたします。

よい島・一首評03

東京文フリ24新刊「よい島」より、三上春海「犬の国」の一首に対する小田島了の評です。

よい島・一首評02

東京文フリ24新刊「よい島」より、鈴木ちはね「感情のために」の一首に対する三上春海の評です。

よい島・一首評01

東京文フリ24新刊「よい島」より、小田島了「春の形骸」の一首に対する鈴木ちはねの評です。

よい島(第24回東京文学フリマ新刊)

猫をはさんで川の字になるそのあとで貝の字になり鳥の字になる 小田島了「春の形骸」みずうみにぼくが沈めばぼくの分水かさの増す世界だろうか 三上春海「犬の国」核ミサイルが東京に落ちてくるとして理由はたぶんどうでもいいから 鈴木ちはね「感情のために…

よい島

*1 May 7 2017 Tokyo *1:illustrated by @etoxu

墓には言葉はなにひとつ刻まれていなかった(東京文フリ23新刊)

無限の沈黙である私は お前に言葉を與へてやろう 「神が人間を考へる」ジュール・シュペルヴィエル(中村真一郎訳)

第23回東京文学フリマへの委託+新刊の書店委託状況

こんにちは。来たる2016年11月23日に第23回文学フリマが開催されます。 場所は東京流通センターです。 稀風社は今回は痛恨の入金ミスがため不参加なのですが、新刊は出ます。 新刊は短歌連作と散文の本で、散文のほうでは「歌とテクストの相克」という論文を…

第一回札幌文フリへの委託のお知らせ

明日7/23(土)11:00-16:00のあいだに第一回札幌文学フリマが開催されます。 文学フリマ - 第一回文学フリマ札幌 開催情報 稀風社は『誰にもわからない短歌入門』『稀風社の貢献』ほか既刊を北海道大学短歌会のブースに委託していただく予定です。 北海道大学…

第一回石井僚一短歌賞受賞式および受賞記念歌会挙行のお知らせ

以下のように第一回石井僚一短歌賞授賞式および受賞記念歌会を挙行いたします。 日時:2016年6月12日(日) 17:30より 会場:貸会議室マイスペース 新宿3丁目ビッグスビル店 授賞式後にはそのまま受賞記念歌会を開催いたします。詳細はリンク先をご確認くだ…

『稀風社の貢献』委託情報(2016年6月8日更新)

稀風社の東京文フリ22新刊『稀風社の貢献』は次の書店に委託しています。 (品切れの際にはご容赦ください) タコシェ(東京・中野) タコシェについて | Welcome to TACO ché - ようこそタコシェへ - 葉ね文庫(大阪・中崎町) 葉ね文庫 | 大阪の古本屋(歌…

第一回石井僚一短歌賞候補作品一覧(および「稀風社の貢献」掲載作品)

第22回東京文学フリマにて稀風社の新刊・既刊を手に取ってくださった多くのかたがたに改めて御礼申し上げます。 現在、新刊『稀風社の貢献』の委託準備を大至急進めております。委託開始までいましばらくお待ちください。*1 『稀風社の貢献』には第一回石井…

第一回石井僚一短歌賞決定

第一回石井僚一短歌賞には118編の応募がありました。石井僚一,寺井龍哉,情田熱彦の3氏がすべての応募作に目を通し選出した13編の候補作の中から,受賞作および次席は以下のように決まりました。 受賞 ほしみゆえ「ひかりさす」 次席 杉本なお「これからは…

【告知】稀風社 東京文フリ22新刊「稀風社の貢献」紹介

2016/5/1(日)開催の東京文学フリマ22にて,稀風社は新刊『稀風社の貢献』を発行します。 『稀風社の貢献』内容 今回の新刊は一冊まるごと「第一回石井僚一短歌賞」を特集いたします。 ・受賞作品1編,次席作品2編,ほか候補作品10編を全編掲載 ・受賞者によ…

第一回石井僚一短歌賞の応募を締め切りました

本日をもちまして第一回石井僚一短歌賞の応募を締め切らせていただきました。 選考委員ならびに稀風社の予想を大きく上回る多数のご応募を頂きました。ありがとうございました。 応募が受理された方につきましては、今後1週間以内に稀風社(kifusha☆gmail.c…

第一回石井僚一短歌賞要項

第一回石井僚一短歌賞の応募は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。 選考の結果は4月末日に当ブログにて速報を、また5月1日発行予定の稀風社新刊にて受賞作を含む詳報を掲載する見込みです。(2016/2/1付記)

『誰にもわからない短歌入門』委託情報と本文訂正(2016/4/25更新)

委託情報 東京文フリ21新刊『誰にもわからない短歌入門』は現在次の書店に委託しています。 タコシェ(東京・中野) タコシェについて | Welcome to TACO ché - ようこそタコシェへ - 葉ね文庫(大阪・中崎町) 葉ね文庫 | 大阪の古本屋(歌集・サブカル・小…

『誰にもわからない短歌入門』試し読み(4/4) 花山周子×鈴木ちはね×三上春海

『誰にもわからない短歌入門』試し読み企画四日目 試し読み企画は今回で最終回となります。今回は前回にアップした鈴木ちはねの評に対する三上春海の返信を掲載します。 (第三回は以下のリンク先でご確認ください) 『誰にもわからない短歌入門』試し読み(3…

『誰にもわからない短歌入門』試し読み(3/4) 花山周子×鈴木ちはね

『誰にもわからない短歌入門』試し読み企画三日目 今回は三上春海が選んだ一首に対する鈴木ちはねの評を掲載します。

『誰にもわからない短歌入門』試し読み(2/4) 永井祐×三上春海×鈴木ちはね

『誰にもわからない短歌入門』試し読み企画二日目 今回は第一回にアップした三上春海評に対する鈴木ちはねの返信を掲載します。 (第一回は以下のリンク先でご確認ください) 『誰にもわからない短歌入門』試し読み(1/4) 永井祐×三上春海 - 稀風社ブログ

『誰にもわからない短歌入門』試し読み(1/4) 永井祐×三上春海

『誰にもわからない短歌入門』試し読み企画一日目 本日より四日間,稀風社の東京文フリ21新刊『誰にもわからない短歌入門』の本文より一部を試し読み用に当ブログに掲載していきます。 一日目の今日は鈴木ちはね推薦の一首に対する三上春海の評を掲載します。

稀風社 東京文フリ21新刊「誰にもわからない短歌入門」紹介(表紙・内容など)

稀風社の東京文学フリマ21の新刊を紹介します。 題・表紙 新刊のタイトルは『誰にもわからない短歌入門』です。 表紙イラスト・題字は伊丹小夜(帝国水素)さんに描いていただきました(ありがとうございます)。 グレーのアンニュイでポップな表紙が目印で…

稀風社配信第19回詠草一覧

【11/15配信詠草一覧】 1.夢さめてここにいま君のいないこと不思議なままにシーツの沃野 投票:鈴木ちはね 視聴者票: 2.眠りゆくあなたの頬に指をおく蟻いっぴきを潰す力で 投票:情田熱彦 視聴者票:あかみ、溺愛、maedarokugatu、azukipasand、ymmato…

東京文フリ21直前、稀風社配信第19回予告

こんばんは。 今週末、稀風社配信が復活します。 日時 2015/11/15(日)、21時ころよりUstreamでの歌会のライブ配信を行います。 音声のみ。ラジオのような形式での配信になります。 コメント欄を利用しての評の投稿も随時募集しています。双方向でコミュニケ…

【告知】第二十一回東京文学フリマ&第一回石井僚一短歌賞

こんにちは,お久しぶりです,稀風社の三上春海です。 1.第二十一回文学フリマ(@東京平和島)に参加します 新刊は『誰にもわからない短歌入門』というタイトルです。 短歌一首をとりあげてあつかう評論を「一首評」と業界では呼ぶようなのですが,弊社の…

文フリ20(2015/5/4)新刊、E-19、稀風社、なぜ52進法は定着しないのか?

なぜ52進法は定着しないのか??? 新入社員のみなさん。入社おめでとうございます。 みなさんはきっと、こんな世の中ですから、入社される前はさぞ心配されたかと思います。自分が入る会社はブラック企業じゃないだろうか。過労でぶっ倒れるまで延々と働…

【人権を取りもどせ】稀風社配信第18回「人権」 詠草一覧

2015年4月25日、稀風社配信、人権講話【「短歌」=「和歌」×「人権」】 2015年7月25日、稀風社配信、テーマ詠「人権」 長らく延期となっていた歌会配信を上記の日程で行います。 ・ゲスト:二三川練さん(象短歌会) ・開始時間:21時ころ 配信urlはおってTw…