稀風社ブログ

稀風社ブログ

稀風社は鈴木ちはね(id:suzuchiu)と三上春海(id:kamiharu)の同人誌発行所です。

稀風社配信第16回詠草一覧+視聴者投稿短歌

 本日12/21の21時ころより、鈴木ちはね、三上春海、木屋瀬はしご、情田熱彦、そしてゲストに同志社短歌会、神大短歌会の溺愛さんをお呼びして「テーマ詠:卵」として歌会の配信を行いました。配信の録画は今日から30日以内に限り公開中です。Ustreamで「稀風社配信」と検索をすれば試聴できます。


 配信で扱った詠草の一覧は以下のとおりです。上記五名の歌に加えて、今回は視聴者から募集した短歌を一首加えました。多くの力作が集まりました。みなさまありがとうございました。
 記事後半には視聴者のかたがたから投稿して頂いた歌を、配信参加者のコメント付きで掲載しました。こちらもどうぞご覧ください。
 

【詠草一覧】
1.卵(らん) そして日日は受肉をくりかえし手に触れながら明滅している
 投票:三上春海
 視聴者票:YM_WT、is_hi_i


2.卵だけ手わたされた御友人はその後まじめに生きていますか
 投票:溺愛
 視聴者票:NIFOR6、myokoym、is_hi_i


3.卵殻を食むかたつむりもう二度と雨が降らない瓶底を這う
 投票:鈴木ちはね、情田熱彦、木屋瀬はしご
 視聴者票:YM_WT、maedarokugatu


4.ミサイルがたまごをすべて焼いていく 生まれるなdamnitもう生まれるな
 投票:鈴木ちはね、情田熱彦
 視聴者票:NIFOR6、antiskeptic、suit_003


5.白銀にひかりかがやく舟の見ゆ きみに卵をうませてあげる
 投票:溺愛


6.スリルある卵だったぼくたちの成人式にぜひきてください
 投票:三上春海、木屋瀬はしご
 視聴者票:maedarokugatu、myokoym、antiskeptic、suit_003




【作者解題】
1.鈴木ちはね 2.情田熱彦 3.にふぉー(視聴者投稿) 4.木屋瀬はしご 5.三上春海 6.溺愛




【視聴者投稿の短歌と、そのコメント】
ただ卵まみれの部屋で爆弾のコード握って寝坊しようよ/二三川練
・「卵まみれの部屋で寝坊するって、卵まみれだから寝返りとかうてなさそうだなー、って思ったらさらにそこから爆弾のコードを握っていて吹っ飛ばす気満々だな(笑)っておもしろかったです」(溺愛)


無精卵ばかりの群れに間違えて一本生える首を捻った/加瀬ナカレ
・「躊躇なく偶然の命を摘み取るかっこよさ」(木屋瀬)
・「「無精卵」という生命につながらない不毛な存在、あるいは秩序に奉仕するような鬱屈が感じられて良かったです」(鈴木)


かなしみの卵戦争ぼくたちは10個パックで消費されてく/ほしみゆえ
・「「卵戦争」ってなんなのでしょう、この言葉だけでもとても悲しそうな気がします。卵は弾丸のように消費されていく。スーパーは前線かもしれない」(三上)


ばあちゃんも卵子だったと聞きました話明かせばまた沈む月/中川徹哉
・「ばあちゃんという歴史がつまっている代名詞に卵子という若さをより強くした言い回しを持ってくるところがおもしろいと思いました。語り明かすを話し明かすや時間の経過を月が沈むと変えるところに自分の世界があり良いと思います」(溺愛)


真っ白な冬の朝日に包まれた君が卵を割る音がする/志歩
・「聴覚で卵をとらえていて新鮮でした。『真っ白な冬の朝日』の白さもまた、卵の白さを想起させます」(三上)
・「やや白さ明るさ一本調子なところに難があるものの、卵が割れる音に着目していること、そして朝の光に満たされた「君」がいる光景を、これもたぶん音を聴いて想像しているのであろうこと、それらを総合して得られる「君」と主体の光景がとても和やかでいいなと思いました」(鈴木)


雛になりかけの頭に卵殻を隔ててのこぎりの音がひびく/迂回
・「卵殻1枚を隔てて脳髄に直接響くメカニカルなのこぎりの音が、一首全体のギザギザ感のあるリズムとシンクロしていてすごい好きです」(情田)
・「孵化するまでもう少しだけ待ってあげてほしいけど、待ったとしても迷わずにひよこを食べそうな勢いを感じます。食べることが決まった後に慈悲なんか意味を為さないんだ、今のこぎりは進んでいるんだ、卵殻が割れるのは今なんだ、と畳み掛けるようで好きですね」(木屋瀬)